本文へ移動

こだわり

伝統の技を活かした新しい家づくりを

本物志向の素材選び

木の良さを感じる空間

地元の杉材を使用した事務所
木の温もりを肌で感じてもらう
山の中の自然に触れることで、落ち着いたり、ホッとした経験をした方も多いのではないでしょうか。木には人を落ち着かせる効果や疲労回復の効果があるとも言われております。
 
また、空間の木質化は、その空間の50%~70%位が人には心地良いと言われています。
 
前田工務店では木の特性を最大限に生かす家づくりを行っております。木の香りや感触・肌触りの心地良さを、長期間住み続けることにより十分に実感していただけます。

自然素材 塗り壁 (珪藻土・漆喰)

藁入りの珪藻土の壁
美しさと耐久性を兼ね備える
塗り壁の特徴は調湿、消臭、耐火性に優れていることです。
 
塗り壁は、あく止めや下塗りの工程を経てから仕上げていくため、工事に時間がかかりますが、保温効果や脱臭効果、部屋の湿度の調節など、快適な生活環境を保つことができます。
左官職人の技により、つなぎ目のない美しい壁が生まれます。

確かな技術

大工のひと手間

丸太を生かした下屋
大工にしか出来ない見える「ひと手間」
木づくり~加工まで大工にしかできない、「ひと手間」を加えます。この技術により、独自の建造物の創造や、よりイメージに近い家づくりを実現できます。
 
必要に応じて大工自らが木づくり~加工まで全てを行うため、品質はもちろん、個性的な「こだわり」を実現することができます。

伝統の技術

大黒柱・差し鴨居の手刻みの様子
手刻みの技 木を見る知識と技
プレカット(あらかじめ木を切断しておくこと)ではやらない特殊材(大黒柱、差し鴨居、丸太材梁など)の墨付け、刻みも時間とコストが許す限り丁寧に加工していきます。
 
道具を手入れすることを「調子を見る」といい、木に刃物を入れ音で判断することを「調子を聞く」といいます。大工道具を通じて木の性分と直接格闘して来た経験が、大工の技を育てています。

和モダンを基調としたデザイン

和とモダンの融合

和とモダンの融合
お気に入りの空間を演出する
現代の欧米の暮らし(モダン)をベースに、日本古来から慣れ親しんで来た和の素材(無垢材・塗り壁・畳・障子・襖・和デザインの建具など)を融合させたデザインを考案します。
 
大切なのは和とモダンのバランスです。
お客様と話し合いながら和とモダンの配合を決めて行きます。お気に入りの一部屋や一部分に和を取り入れることもご提案させていただきます。

和の良さを感じる心地よい空間

和の良さを感じる心地良い空間
心身ともに心地良い家作り
床に無垢材を使うことで、和の雰囲気を演出するだけではなく、ひんやり感のない柔らかな感触を味わう事ができます。
 
小さなお子様からお年寄りまで、家族全員が安心して快適な生活を送ることができる住まいをご提案させていただきます。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0287-22-4541
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
有限会社 前田工務店
〒324-0054
栃木県大田原市若松町444
TEL.0287-22-4541
FAX.0287-24-2122

TOPへ戻る